関係者以外の投稿は禁止です

掲 示 板

写真は[写真館]へ その他は[結果発表]の[談話室]へ転載します

小石川植物園Ⅰ・豆桜 - 鵜雪

2017/03/20 (Mon) 09:08:21

3月19日、小石川植物園を訪ねた。小石川植物園は、文京区小石川・白山にある。今回は御徒町を出発点とし、上野池之端・東大・白山下を経由。帰途は地下鉄茗荷谷駅まで徒歩の、歩行数約1万7千歩であった。
東大のある本郷台地から谷を一つ跨いだ台地の縁に所在する。従って園内は、台地、斜面、低地、池と複雑な地形となっている。面積約5万坪、1684年(貞享元年)に徳川幕府が設けた薬園が起源というから大変古い歴史を持つ。
日本の植物学研究の中心であったことから、「ニュートンのリンゴの木」「精子発見の銀杏」「メタセコイアの林」「メンデルのブドウの木」等、世界的に有名な木の子孫が存在する。
時は彼岸の入り、春の植物が咲き始めており、そのいくつかを紹介しよう。
これは豆桜、豆桜の花をヒヨドリが盛んに啄んでいる。豆桜は亜高山帯の厳しい環境に適するように変異した桜で、大木にはならないそうだ。

小石川植物園Ⅱ・山茱萸 - 鵜雪

2017/03/20 (Mon) 09:11:22

低地には、池を囲んで日本庭園がある。庭園の一面を縁取る斜面には山茱萸(さんしゅゆ)が花盛りだ。
古人は雪解けの野山に咲く山茱萸に、蘇る命を感じたことだろう。

小石川植物園Ⅲ・旧東京医学校本館 - 鵜雪

2017/03/20 (Mon) 09:13:45

日本庭園の西の端に、旧東京医学校本館の古い建屋が残されている。嘗て本郷の東京大学の構内にあったものを昭和44年にここに移築したものという。明治9年に建てられた東京大学関係の現存する最古の建物で、国の重要文化財となっている。

小石川植物園Ⅳ・鈴懸の巨木 - 鵜雪

2017/03/20 (Mon) 09:16:37

台地側には、沢山の巨木・大木がある。明治初年からあるユリノキやシマサルスベリ、鈴懸その他多数だ。これはモミジバスズカケノ木、明治の初めからある木の一つだろう。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.